Read Article

イギリスの年金制度④ 【訂正】日本帰国後のNI任意加入料は£15.30/週!!

イギリスの年金制度④ 【訂正】日本帰国後のNI任意加入料は£15.30/週!!

こんにちは。

前回、「イギリスで3年間働いた人はClass2に該当し、週あたり£3.05で任意加入を継続することができる」と書きました。

【関連記事】イギリスの年金制度① 〜 State Pensionについて〜
【関連記事】イギリスの年金制度② 〜 Qualifying Year(QY)について〜
【関連記事】イギリスの年金制度③ 〜Voluntary National Insurance Contributionsについて〜

帰国までに加入できず

その後私自身が正式帰国になりまして、その前に手続きをしようと思ってNI38の書類を書いて管理局に送付したのですが、加入できないまま帰国日になってしまい、そのままになっておりました。
最初はコロナの影響で作業が遅れているのかな?と思っていましたが、数ヶ月経っても状況が変わらないので、もう一度政府ページで確認したところ、次の記載がありました。

 

なんと、普通に勘違いしていたのですが、日本で普通に働くことはClass2の条件には当てはまらず、イギリスの制度上は「Living abroad but not working」になり、Class3に該当するということなのです。

日本とイギリスの年金・保険制度は連携していない

冷静に考えてみれば、日本の保険証はイギリスでは有効でないですし、年金も連携していません。イギリスで働いている間、日本で税金も払っていません。日本の税制上は収入0となります。これと逆のことが、イギリスから日本に帰ったときもあるということなのです。Class2はあくまでも

  • イギリスの会社に籍を置きつつ外国へ一時的に転勤されている方
  • EUやEEAなどイギリスと連携のある国で一時的に働く方

を対象にした制度なのだとわかりました。

純粋に日本に帰国する場合はClass 3=£15.30 a week

ということで、Class2の約5倍です。月額だと約1万円かかる計算です。
うーん、Class2に入れると思ってたので割高感はありますが、それでも1ヶ月1万円と考えるとあと4年間払っとしても48万円程度。
10年のQYをクリアすると、将来もらえる年金は£209.46/1ヶ月(=約2万7千円)ですから、予定とは異なることになりましたが、十分元は取れそうです。
私は日本でもすでに働き始めているので、日本での年金も受給されますから、
日本の企業年金+国民年金+2万7000円
となり、かなりいい感じ。

というわけで申し込みに再挑戦

というわけで、書類から再度作成。Direct Debitで払うには書類を書いてイギリスに送る、という作業が必要です。
必要なフォームは下記のリンクからダウンロードできます。

「いつから支払い開始するか」という項目があったので、とりあえず日本に帰国した4月からの支払いとしてみました。すでに11月なので、7ヶ月分を遡って支払うことになります。書類を読む限り、遡ることは可能そうです。

イギリスに残してきた口座の情報を書いて、国際郵便の書留で送付。1週間で無事届いたみたいです。

果たしてどうなるか

まだ、結果は反映されていません(支払い開始となっていません)。しばらく様子を見てみようと思います。進展があれば報告します。

それではまた!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。